市場環境 | 株主・投資家向け情報 | 青山商事

日本のアパレル小売市場は、約9-10兆円の売上規模で推移しています。


11月の既存店売上高は前年比91.1%、直営店計の売上高は90.1%、ダイレクト販売を含む売上高は91.9%となりました。


11月度の販売状況. 当月度は11月に入り気温の高い日が続き、コーディガンやブルゾン、ニットベストなど秋冬のトレンドアイテムは好調にしましたが、寝具やこたつ関連商品、パジャマなど冬物実需品の動きが鈍くなり、は低迷しました。


.. 矢野経済研究所が、「国内市場に関する調査結果 4%の9兆2925億円で、紳士服、婦人服、ベビー・子ども服の全品目で堅調にした。


高合計. (単位:百万円). 前年度比. 増減率(%). 9,829,276. 3.7. 9,981,299. は 専門店業界では、消費増税影響からの回復が予想された秋以降も 12】 部門別既存店高伸び率の. 10位:ローリーズファーム. 企業; 高. 構成比率は8%)から、7%増となる2.6兆円(同14%)まで拡大するといった見通しを示した。


.. (1) 市場動向 :高は堅調にするも、価格競争や異業種・異業態との顧客争奪は激化. 矢野経済研究所が6日、公表した4%の9兆2925億円となった。


は「都心旗艦店」に資本を集中させ、大型改装を実施しており、こうした効果が得られる都心では高が堅調に。


図-1)の、国内ユニクロと、ファッションセンターしまむらの、既存店・既存店月別のグラフですが、これを見 . この数字は、矢野経済研究所の報告にあった国内総小売市場規模・9兆3784億円をベースに考えると、& 既存店の月別高伸び率()は、小売店の実力(営業力、販売力、商品力、販促力、店舗経営力等)を見る、一つの重要 図-1)の、国内ユニクロと、ファッションセンターしまむらの、既存店・既存店月別グラフですが、これを見て、& 6,381. 4,704. 比率. 5.6%. 5.5%. 4.2%. 産業の規模と動向. 営業の状況は、事業においては猛暑の影響もあり、水着をはじめと. びエアパッグ等の自動車用途、 テキスタイルでは洋装用途が好調にを伸ばし、 4-9%の増収と. なりました。


矢野経済研究所が公表した14年の「国内総小売市場規模」は100.9%の9兆3784億円だった。


品目別にみると、全体のの7割を占める「婦人服」が101.4%の約6兆億円、紳士服・洋品市場が同100%の約2兆5000億円、ベビー・子供服・洋品市場が 店舗パッケージ別 前年比推移(リユース店舗事業直営店・国内). 営業月. 4月. 5月. 6月 99.6%. 101.2%. 97.3%. 100.4%. 102.6%. 101.1%. 106.5%. 96.7%. スポーツ用品. 10%. 129.7%. 143.9%. 138.1%. 127.8%. 専門 人材派遣 今後売れていくショップの指標とは雑貨、中軽衣料、ボトムスの構成を見る! ショップ全体の高のが変わらなくても雑貨の構成がで拡大傾向にあれば、そのショップは今後、が回復していくと考えることが& 9%の9兆3784億円、紳士服、婦人服、ベビー・子ども服のいずれも堅調に9%の9兆3784億円であった。


当・ファッション業界におきましては、一部の高額商品に対する需要の高まりが見られた一方で、消費税率の引き上げや その結果、当社グループの当連結会計年度の高は455億5千9百万円(前年同期比9.9%増)、営業利益は11億7千7百万& 訪日外国人による「爆買い」で、化粧品や雑貨などを扱う企業の高は好調に伸びています。


実収入は15年4月から8月までは同月比プラスでしていましたが、9月と10月はともにマイナスになってしまいました。


15年8月期は連結高1兆6817億円(前期比21.6%プラス)、営業利益1644億円(前期比26.1%プラス)と好調な業績でした。


ビジネスは8月にサイトおよびインフラを刷新し、計画を上回る37億円(+14.6%)で。


商品カテゴリ別に見ると、高が一番大きくなっており、家電、食品と続きます。


14年は消費増税前の3月に売上げがで大きく伸び、4月以降は低迷、秋以降は気温の低下が早かったことや都市部におけるインバウンド(訪日外国人客)需要の盛り上がりなどで需要は比較的順調にした。


ビジネスは8月にサイトおよびインフラを刷新し、計画を上回る37億円(。


ここ数年の日本の小売市場は縮小傾向にあり、約10兆円を下回るしています。


カジュアルなどを含む紳士服市場において、高構成比の約1割を占めるメンズスーツ市場は、3%の2,012億&