湧永製薬株式会社-耳寄り情報~中耳炎~

そんな鼻のかみすぎで耳が痛い場合の治し方について、 今回は書いていきます。


鼻風邪をひいたときや花粉症が原因で鼻水が止まらなくなると、一度に出してしまおうとしてつい強く鼻をかんでしまうものです。


.. そこで、耳鼻咽喉科専門医で、とおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長に、正しい鼻のかみ方について教えていただきました。


副鼻腔炎の場合は鼻づまりや鼻水、せき、頭痛など、中耳炎の場合は耳の痛みや発熱、耳だれなどの症状が起こります。


2. 鼻のかみすぎで耳が痛くなって中耳炎になってしまったり、頭痛や鼻血などを出してしまうことがあります。


症状の解消法とは? 鼻の下の皮膚の異常はよくあることですが、鼻のかみすぎで起こる症状は他にもあります。


花粉症暦が20年を超えますが、ひどい時は同じように鼻をかみすぎて耳(鼓膜)に影響が出ます(私の場合は耳の奥が痒くなります)、鼻をかむ時は この状態で鼻をかむと、耳がきゅーんと音がしまして、耳をふさいで鼻をかまないとです。


鼻をて、耳がこもった感じになる場合や飛行機に乗ったりした場合になりますよね. 鼻のかみすぎで 耳が痛くなりました。


先生に「鼻強くよ(強くかむとよくないのは)常識よ」としかられた。


というか、いいトシして「鼻を強くて中耳炎になった」というのはかなり恥ずかしいことなんじゃないかと、記事を& まちがった方をしていると、鼻血が出たり、耳が痛くなったり、時には気管支炎や肺炎などにつながることもあります。


4.強くない かみにくいときも、一度に力を入れず、少しずつかむようにします。


風邪の時に鼻をかむことは大切ですが、あまり強くかみすぎても中耳炎を引き起こすので注意が必要です。


耳閉、耳痛が生じた時は鼻をつまみ、鼻咽腔に軽い陽圧をかけながら嚥下すると治るはずですが、強くすると内耳破裂の原因になることがあるので注意が必要です。


続いて、「間違った方とその理由」について、遠山医師はこうアドバイスをします。


鼻づまりがあるときに耳が聞こえにくい、耳が痛いってことはありませんか? 鼻づまりとどんな 花粉症の主な症状は、鼻水・鼻づまり・目のかゆみですが、これ以外にも、のどや鼻や耳などに様々な症状が現れます。


また、により、鼻の中が痛くなったり、鼻の下が荒れてしまうこともあります。


..が痛くなって中耳炎になってしまったり、頭痛や鼻血などを出してしまうことがあります。


花粉症や風邪を引いてして鼻水をたり、 鼻づまりを無理矢理治そうとして「耳が聞こえにくい」や「なんだか耳が聞こえない」、 「耳栓をしてるようで違和感がある」などこのような症状があらわれたことはないですか? 今回は鼻づまりで耳& しかし風邪にかかってしまった場合でも、方である程度までは前出の病気の予防ができます。


いくらかんでも鼻づまりがとれないときは、鼻の粘膜が腫れていることがありますので、無理して鼻をないようにしてください。


耳の痛み(急性中耳炎、外耳炎)・耳だれ(慢性中耳炎、外耳炎)・耳がかゆい(外耳炎、外耳湿疹)・聞こえが悪い(突発性難聴、耳垢、滲出性中耳炎、慢性中耳炎)・ のどが(急性扁桃炎、急性咽頭炎、急性喉頭炎)・咳、痰(風邪、急性喉頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、急性副鼻腔炎)・味覚障害(舌炎、貧血)・声が これ以外にも強く鼻をた時や、スイミングでの呼吸がうまくいかなかった時にも起こることがあります。


中耳炎を発症すると、耳だれ・耳の痛み・発熱・難聴などの症状が出るようになり、 治療が遅れると慢性中耳炎に移行することもあります。


どんどん出てくる鼻水をかみ続けていると次第に耳も痛くなり、頭痛が起こることもあるでしょう。


が痛い理由、正しい鼻のかみ方について詳しく説明します。