高等学校国語総合/土佐日記 - Wikibooks

この土佐日記は、日記ではあるのですが、すべてが事実ではなく日記調の文学作品というスタイルで物語が進んでいきます。


男もすなる日記というものを女もしてみんとてするなり. 男が書くという日記なるものを、 女である私も書いてみようということで、 書くのである。


』(とさにっき)は、紀貫之が土佐国から京に帰る最中に起きた出来事を、虚構を交えて綴った日記文学。


【文学作品(書物)】 (とさにっき). 【成立時期】 平安時代 (935年ごろ). 【作者・編者など】 紀貫之(きのつらゆき). 【種別・ジャンル】 日記・紀行文(きこうぶん) ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - の用語解説 平安時代前期の日記文学。


「」展示コーナーでは伝貫之筆の「寸松庵色紙」(複製)や、土佐に残る唯一の伝貫之筆の「月字額」拓本など展示しています。


土佐弁について. 高知県の土地は東西に長く、一言で弁と言っても東と西ではかなりニュアンスが変わってきます。


をネタにした高知新聞の四コマ「きんこん」が秀逸すぎると脚光を浴びています. 樹// とさにっき【】. 平安時代中期につくられた 紀貫之 ( きのつらゆき ) の日記。


4.6: 「ジロール・ジロー卵のプリン」が本日18:30より放送の日本テレビ「 しかし、では、その慣例をやぶり、ひらがなで、著者が女を装い、私的な感情を書いた。