耐震補強工事用特殊アンカーボルト施工方法を開発 - 九州大学

目次. [非表示]. 1 特徴; 2 主な用途; 3 設計方法; 4 施工方法. 4.1 通常のアンカーボルト; 4.2 打ち込みアンカー; 4.3 締付けアンカー; 4.4 ケミカルアンカー. 5 の欠落と欠陥住宅; 6 関連項目; 7 外部リンク& アンカーボルト 施工方法 通常のアンカーボルトコンクリート打設前に、鉄線を用いて、鉄筋に強固にアンカーボルトを結束する。


コンプライアンスが叫ばれる昨今、の施工不良にいつまでも目を背けてばかりはいられません。


しかし、ボルトのメーカーによって指定する孔径が微妙に違うのに同じドリル・ビットを使ったりすることが見受けられます。


5. 3.イナズマアンカーボルト施工方法. (鉄筋に干渉されないあと施工アンカーボルト工法). これでもモーメントの関係で、台風などの強風にあおられた場合、 トップ(1800ミリ)の所が押され、絶対大丈夫だとは&住宅の建設について色々なHPを見ていますと、ベタ基礎の立ち上がり部分のが2種類あり、気になっています。


下穴の空いたコンクリートに本体を挿入し芯棒を打ち込むと、本体の拡張部が開いてコンクリート下穴の壁に食い込み、固着します。


高い固着力と性を持ったハイパフォーマンス・アンカー. . コンクリートなどの母材に穿孔し、清掃後その孔内にHPを挿入。


またはVカットに切断したや異形棒鋼を電動ハンマードリル等に装着し回転・打撃させ、カプセルを破砕・& ハンマーで打ち込むだけで、安定した固着力を実現. コンクリートなどの母材に基準の穿孔を行い、金属製ワイヤーブラシとブロワーで孔内を清掃後、 (接着剤はイナズマに付属品として付いてきます). <必要特殊工具>. ・ 住宅基礎の、ホールダウン金具のについて質問します。


圧力容器の基礎部分のに、箱抜工法とあるのですが、基礎ボルト搬入は容器と同時での搬入を行って、容器と同時に土台と接合するという理解をしていいものですか 回転. 4.カプセル挿入: 所定サイズのカプセルをキャップ側が「孔底側」になるように挿入します。


一級建築士による快適で安心な住まいづくり、家を建てるための基礎知識. 柱型コンクリート天端清掃. 本締め. 注入枠設置. 注入枠のシール. グラウト注入. 立会い検査. 次の項目に対して打合せをお願いします。


アンカーを打設し固着させた後、付属のナットで充分に締め付けることにより拡張部が追随拡張し、より安定した強度が得られます。


ダウンロード. 本製品は弊社ファスナー事業部が取り扱っております 本発明は、既設の配筋が存在していても強度の低下を招くことなく十分な強度を持ったアンカーボルトを施工することを目的とする。


そして、本発明では、施工面にアンカーボルトを埋設するにおいて、施工面にアンカーボルトを埋設するため& 対象母材. コンクリート・石材. 器材の上から所定の下穴径・深さに穴あけする。


通常のは、コンクリート打設前に鉄筋にアカンーボルトを結束固定し、 位置出しを行い、コンクリートを流し込みます。


位置出し、埋め込み深さ調整 の出の長さ調整などに注意が必要なため、大変手間がかかり 工事代金も高額になり& 3) 基礎ボルトを要するものは、事前に耐震計算を行い、ボルトの選定や工事を確認すること。


9) は、引張荷重に対して強い力を発揮する先付け工法としての埋込み方式を原. 則とする(基礎コンクリートの&当社ではを始めとした各部材の手配と共に、専門の会社による設置工事までを請け負います。


当社ではそういった状況に合わせて、「コンベース・エコ」をはじめとした、最適なを提案致します。


そして、本発明では、施工面にアンカーボルトを埋設するにおいて、施工面にアンカーボルトを埋設するため&とは、コンクリートの基礎を作り、コンクリートが適正な強度に達したのを確認し、アンカーの位置出しを行い、 .. 耐震補強工事用特殊を開発. 概 要. 阪神淡路大震災以降、高速道路の耐震補強工事が全国的に行われていますが、補強用アンカーボル. トを埋め込むための深穴を掘削する際、所定の長さのアンカーボルトを埋め込ま&