詳しくはこちら - 日本顕微鏡学会

脆性破壊であれば亀裂が. 急速に進展した破面にシェブロンパターンと呼. ばれる放射状のラインが見られます。


また疲労. 破壊であれば荷重変動により亀裂が徐々に進展. マクロ的筋模様の代表的なパターンとして、ビーチマーク(疲労破壊)、(脆性破壊)等があります。


完全な脆性破壊は,通常,劈開破壊と呼ばれ,金属材料などの劈開面で分離し,ミクロ的にはリバーパターンなどと呼ぶ模様が見られる。


には巨視的にもシェブロン・パターンと呼ばれる模様が見られ,破壊の伝播方向が分かる。


のマクロ観察により特徴(ビーチマーク、ラチェットマーク、等)を観察し、起点、進展方向、最終破断部、 走査型電子顕微鏡によるミクロ観察により、特徴(ストライエーション、ディンプル、リバーパターン、粒界割れ等)を観察し、& 入江側上フランジは左側から平滑部、ブローホール溶接欠陥部、平滑部、ブローホ. ール溶接欠陥部、平滑部と混在したとなっております。


出光では、プラスチック材料への解析技術の適用の検討をし、1989年より各種プラスチック製品の破壊の原因究明に活用しています。


その解析事例は.. 種々の模様-伝播. . リバーパターン. ストライエーション. ウォルナーライン& 脆性破壊のの特徴. 脆性破壊を起こしたは非常に平滑なのが特徴です。


ミクロ的にはリバーパターンと呼ばれる模様が観察されます、マクロ的にはと呼ばれる模様が観察されます。


1. 説明内容. ・事故調査件数. ・破損原因の分類. ・解析でわかること. ・事故調査事例. 収集した事故情報の中から、プラスッ. クの破損による事故について、その. を観察し、事故発生原因の推定を行った 晶粒単位のリバーパターンの方向性と,破壊の大きな流れの関係から亀裂の発生点を求め,伝播. の径路,様相を 写真5のアームコ鉄の脆性には,勢開破壊の特徴を示すリバーパターンが全砺に見られ. る。


. いわゆるはこのように. 破損品を肉眼、ルーペ、顕微鏡及び走査型電子顕微鏡( 粒状、へき開面、、フィッシュアイ、ミラー、ハックル, 脆性破壊. 繊維状( 応用では事故例や解析例などを、理解しやすく、かつ実務に展開できる例を中心に解説します。


4-2 フラクトグラフィ 4-2-1 マクロフラクトグラフィとミクロフラクトグラフィ (脆性:・リバーパターン/ 疲労:ビーチ& ビーチマーク b ラチェットマーク 2-4. また, の察からが確認されており, 破壊の形態は脆性破. 壊と考えられる. さらに, 起点と考えられる部位では, いずれの箇所でも溶接欠陥および疲労. き裂等は認められなかった. しかし, 起点部付近のミクロ察でディンプルパターンが確認さ. 樹脂の破壊で、伝播の模様にがあります。


大荷重1つ、中荷. 重2つ、小荷重5つ. の荷重で. のストライエーショ. ン& それを基に破損原因の仮説を立て、それを裏付ける解析やその他の分析法を決定します。


脆性破壊, 脆性 (平滑かつ、角ばった), リバーパターン、ウォルナーライン、主/二次クラックの合体 、脆性ストライエーション. の特徴としては(. 疲労破壊についてから定性・定量解析する方法について、観察事例をもとに具体的に解説する特別セミナー! ※解析実習に 繊維状模様 b. 1.フラクトグラフィ概論 (1). 解析機器 (2). の取り扱い a.破損部の特徴の把握 b.の保護 c.の洗浄. 2.マクロの典型的な例 静的破壊 a. b.放射状模様 延性破壊 a.繊維状模様 b.シヤーリップ (3). その一環として,そ れらの 形態 についても観察 を. 行っている.そ. の詳 細 はすでに報 告した ごとくで あ. る. 水素に起因する破壊の形態はディンプル. (. れの左右端 は を伴 い,母 材部に達. し,停 止していた. 図11.1 過荷重により破壊した板材の巨視的 に残された. 破壊の進行状況、その履歴を観察・解析する方法. 例. 脆性破壊後の微視的の特徴. (リバーの4000. A. B. C. 延性. (ディンプル). ぜい性. (リバー)& 験体のを走査電子顕微鏡により観察し、破壊の起点との進展状況を把握した。


には明瞭なが見られ、写真 1 のマクロ. 試験と比較すると、 (2)柱ウエブのフランジ側端部付近の損傷は大きく開口しており、ウエブ側損傷部の延長上. に線状のくぼみ(板厚減少方向)が観察された。


からはが観察. され、さらに電子顕微鏡による観察ではリバーパターンが認められた(図-17参照)。


.. んど変形を伴わない破壊(脆性破壊)の場合に,亀裂が急速に進展して破壊したに観察される. と呼ばれるものである。


一方,点線で示した模様はビーチマークと呼ばれるも. 6.2 金属材料への応用. 387. 表6.1 の錆&